スポンサーリンク

【思考を変えるだけ】浮気した夫を許す方法

こんにちは、元・夫の浮気カウンセラーのエリです。

浮気した夫には、夫自身の人生があります。

夫婦といえ、それを支配することはできません。

誰を好きになり、どんな人間関係を築き、妻にどんな感情を抱くのか、

何を考え、何に夢中になるのか・・・。

誰もその思考や感情を支配することはできない。

導くことはできるかもしれませんが、それを決めるのは本人自身だからです。

反省をしてほしい、私を愛してほしいと言えても、

本当にそれをするか決めるのは夫です。

浮気した夫を許す方法

それは自立です。

反省してほしいし愛してもほしいです。

しかし、それがないと私は幸せになれないとか、不幸だと思うのはちょっと違う。

夫しだいで自分の人生の良し悪しが決まってしまうのでは、

自分の人生を生きたとは言えませんね。

例えば、誰かの言葉にイラッとしたとします。

そのイライラ自体に良いも悪いもありません。

しかし、その誰かに自分はイライラさせられたと思う事は間違いです。

誰も自分をイライラさせることはできない。

イライラすることを選択したのは自分だからです。

どんな言葉を聞いてもイライラしない選択だってできるんですから。

常に誰かに思考を乗っ取られているようなものです。

夫のした行為は自分を深く傷つけましたが、

「浮気をされた傷ついた私」というレッテルを張っているのは自分だと気づくこと。

レッテルを張るのは、自分にメリットがあるからだと気づくこと。

・傷ついているから新しいことにチャレンジできなくていい

・傷ついているから守られるべきだ

・浮気をされたのだから、これぐらいの事は許されてもいい

・浮気をしたのだから夫は言う事を聞くべきだ

・私はいつも誰かに傷つけられる

など。

レッテルを張る事、自分の苛立ちを誰かのせいにすることは、

自分の人生を生きているとは言えない。

自分の人生の責任を放棄して、他人に依存していることになる。

浮気をした夫には、何らかの形で自分のしたことの責任をとる時がやってきます。

それは怪我をするとか、病気になることかもしれないし、

仕事上のトラブルや友人に裏切られることかもしれない。

自分のしたことは、必ず何らかの形になって自分に戻ってくるものです。

(私達も自分の使う言葉や行為の責任は自分にあることを自覚しなければいけませんね^^;)

夫を許す方法は、

夫の行為や言葉にあるのではなく、自分の中にある。

その光を自分の中に見つけていくことが、

癒しとなり、

夫の浮気から自由になれる方法です。

許すのは夫ではなく自分自身だと言われるのは、こういう事です^^

地に足を着け、自分の足で進んでいきましょう。

選択するのはいつだって自分なんですから♪

bnr_and_a

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする