浮気した夫の成長を拒む妻の一言とは



こんにちは、元・夫の浮気カウンセラーのエリです。

「あなたが浮気をしたのは、私が悪かったから」

毎日毎日、様々なニュースが流れています。

テレビでは

何故、この様なことが起きたのか

真相は

原因は

一体誰が悪いのか

などの言葉が飛び交います。

ある出来事が起きた→必ず理由や原因がある

という展開です。

何かが起きた時。

とくに想像もしていなかった様な事が起きた時、

多くの方が、その原因を知りたくなります。

原因をみつけることで、想像を超えた物事に対する不安をなくしたいのかもしれませんね。

夫に浮気をされた理由

夫が浮気をした理由

夫婦がかみ合わなくなった理由

理由がわかれば、解決したようにも思えます。

夫婦の問題、家庭の問題は、どちらか一方だけが悪いという事はありません。

夫婦も家庭もひとりでは築けないのですから、

両方に何らかの原因はあるでしょう。

また、妻も夫も異なる環境で育ち、しつけられ、異なる価値観をもっています。

浮気の原因は、浮気をされた側ではなく、浮気をした側にあります。

しかし、浮気に繋がるキッカケを作っていた可能性はあります。

これまでのブログに書いてきた私なりの見解は、浮気のキッカケとなるかもしれない行動や言動なんです。

本当の原因は、浮気をした本人ですら自覚できてない事もあるでしょうし、

浮気をした本人が向き合っていく人生の課題でもあるでしょう。

だから、

浮気された妻が悪い

とは思わない。

キッカケはあったかもしれない。

だけど、

浮気をするかしないか決めたのは、浮気をした夫。

妻が夫に浮気をさせることなどできません^^;

夫の浮気を止めることもできないのか?

浮気を止めるのも反省するのも夫が選択するしかありません。

しかし、浮気をやめにしようと思うキッカケを用意することはできるかもしれませんね。

浮気をされたのは、自分が悪かったから

そんなことはありません。

悪い妻だったから?

確かに夫は妻に飽き飽きしていたかもしれない。

けれど、それが理由にはならない。

浮気をしたのは夫で、それを決めたのも夫。

何でも、外に理由や原因を求めていては、

人生を自分の足で歩んでいるとは言えないのではないでしょうか。

それでは誰かに歩かされている事になります。

浮気をされた側の頭でどれだけ考えてもわからない事はあります。

わからないものを無理やり、私が悪い、あなたが悪いと決めつけてしまう事は

ちょっと危険。

「あなたの浮気は私が悪かったから」

そう言われた浮気夫はどうなるでしょう?

これだけの事をしても許されるのです。

それが愛だと思ってしまったら危険です。

愛は相手を傷つけて、それでも愛しているか?と確かめるものではないはず。

愛は武器ではない。

そんな言葉が頭をよぎりました。

bnr_and_b

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする