浮気問題を抱える夫婦に欠かせない要素とは~やり直しのポイント



こんにちは、元・夫の浮気カウンセラーのエリです。

a0002_007013

野球やサッカーなどのチームプレーは、

連携や信頼感、責任感など個人プレーに比べて必要な要素がたくさんあります。

相手の動き以外にも仲間の動きにも注意をはらいながら動く。

自分さえよければで上手くいかないのがチームプレイですね。

夫婦にも似た要素がたくさんありますね。

基本皆、自分の人生を生きています。

自分が後悔しない人生、幸せに暮らす、今を楽しむ。

などとよく言われますし、私も言います。

しかしそれは「自分さえよければ」ではないですし、

「自分さえよければ」という発想では本当の幸せを味わえないんです。

そしてもう一つ言えることは、

この「自分さえよければ」という人は自己肯定感がない人でもあるという事。

自分に自信があり、人生を謳歌しているように見える「自分さえよければ」思考の方々。

「自分はOK 他人はダメ」思考に分類され、自己肯定感がないと判断されます。

自己肯定感がある状態とは、

「自分もOK 他人もOK」思考です。

私は蛇が嫌い、蛇が好きだなんて信じられないと思います。

だけど、好きな動物やペットがいる気持ちはわかる。

これが共感であり、自分もOK他人もOKな状態です。

仲間や近しい人に対して、自分と同じであってほしいとか、

自分と同じ価値観でないと受け入れないでは、

本当の信頼関係は築けませんね。

夫婦も同じで、

違う環境でそだった者同士ですから違う部分はたくさんあります。

それを価値観の違いといって切り離したり、

無理に合わせて過ごすのではなくて、

私は〇〇です、あなたはどう?

あなたは〇〇なんだね、私は〇〇だよ。

違いを楽しんだり、相手を知っていくことが夫婦の面白さでもあるのかなと思います。

だからって、「浮気は嫌い、でもあなたはうわきをするのね・・・」と受け入れましょうではないですよ^^;

浮気は嫌い、二度として欲しくない、反省だってしてほしい。

ただ、人生の中で間違った選択をしてしまう事は誰にでもあります。

人を傷つけてしまう事もある。

「反省をしているし私にも未熟な部分があったので、一度目はやり直しを選択します。

しかし、また同じことがあったなら、私はやり直しを選択しません。」

と、夫には伝えてあります。

一度許したからと言っても、浮気を許したわけではないですからね。

相手の気持ちや価値観を知る事、自分の価値観を伝える事。

夫婦ですから、ひとりではないですから、

大切なポイントですね。

bnr_and_a

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする