スポンサーリンク

【夫の浮気発覚後のSEX】立ち直りたいのに泣いてしまうことありませんか?

こんにちは、エリです。

浮気発覚後、人は様々な反応をします。

すぐに家を飛び出す人

離婚を決意する人

知らなかったことにする人

相手の女性に会いに行く人

夫にキレる人

泣き続ける人

ボー然とする人

仕返しをする人

相談する人

その反応は夫婦の数だけあることでしょう。

そしてその数だけ、葛藤や怖れもあります。

表面的に似た反応を示していたとしても、心の奥にある本当の思いは人によって違います。

私は、依存をしていました。

SEXは相手に好意があるからできるものだと思い込んでいたので、

SEXができているということは、関係を続けられるという証でもあったのです。

男性側にしてみれば、都合のいい女と言われるかもしれませんね。

ただ当時はっきりとわかっていたことは、夫婦ではなく恋人の関係だったとしたら、

私はさっさと縁をきり、二度と会うことはしないということ。

同じ相手だとしても・・・。

そして同時に、自立をしなければとも思っていました。

なので、また同じことがあったとしたら、同じ反応は決してしない事でしょう。

月日が経つうちに、夫婦関係が解消されることはないだろうと思うようになりました。

その頃から依存をすることはなくなりましたが、

それでも傷は深く、SEXをする度に悲しみが襲います。

目の前の男がしたことの事実を突き付けられてしまうのです。

優しくされても、どんなセリフを聞かされても、それは自分にだけではないのだと考えてしまう。

SEXをしていて悩む方の多くがこの壁にぶつかります。

もちろん、SEXの時だけではないのですが。

特にSEXは感受性が開いていますから、

感情が表に出てきやすい。

普段はふさがれていた傷口がぱっくりとあいてしまう事が多々あるんです。

そんな時どうしていたか?

「この傷は今ついた傷ではない。古傷だと考えました。」

実際そうなんです。

今、傷つけられているのではないんですね。

傷がうずく度に、まだ傷が癒されていないのだと実感。

こっそり涙を流し、自分の傷口を癒していました。

よくお風呂に浸かって涙を流していました。

顔が濡れていても気にならないし、傷口がきれいに流されていくようにも感じていました。

SEXをするかどうかは、その夫婦関係にもよりますし、

夫側に何らかの問題があることもあります。

浮気をしたから・・・の前に、事実はしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

葛藤や劣等感、悲しみ、怒りはどんな選択肢を選んでも(やり直しを希望する場合)感じます。

我慢することや責めることで解消されるものではありません。

悲しくてつらい時や受け入れられない時は、言葉で伝えることです。

受け入れてもらえない時も、優しく聞くことです。

(それができれば・・・・という声が聞こえてきそうですね。)

でもね。

やり直していくのであれば、言葉で伝え合うことはとても必要なこと。

当時の私にはできなかったからこそ、そう強く思うんです。

それができていたらって。

次回は、私が浮気発覚直後にしたもう一つの事について書いていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする