スポンサーリンク

【夫の浮気発覚後のSEX】夫は変わると思いますか?

いつもありがとうございます。

わたしが手放したもの

「依存」

当時の私。

お酒を飲み、呼吸も苦しくなる。

激しい頭痛や腹痛。

夜は眠れません。

子育てや家事をして、見た目にも気をつかい、子供とお風呂に入りパジャマになって寝かしつけた後、

こっそり着替えて化粧をし直し、夫の帰りを待っていました。

私は耐え、我慢をし、何かに必死になることで、相手が変わってくれることを期待していました。

でも、そんなの無理なんですよね。

日常でもSEXでも、相手の気持ちを動かすことはできないんです。

相手に幸せにしてもらおうとか、自分の居場所を相手に求めていては、自分がなさすぎます。

結婚すれば居場所ができるというのは、私の思い込みで、

結婚していても、自分の足でしっかり立っていないことには、居場所などすぐに壊れてしまうもの。

自分の人生や幸せを誰かに「依存」することをやめることにしました。

SEXで悲しくなるのも、悔しさや怒り、後悔、むなしさ、嫌悪感も全て私の中から起こるもの。

「夫が○○だから」自分は苦しくなり、つらいんだと考えるのをやめることにしました。

夫を変えることはできない。でも自分を変えることはできる。

浮気発覚後の自分の姿は、今振り返っても、ほんと嫌な思い出です。

二度と戻りたくない(笑)

だけど、そんな自分も自分なんだと受け入れるようになりました。

傷を癒すのは簡単ではありません。

SEXをすれば塞いだはずの傷が開くし、ふとしたことで涙がでたり、

数年経ってもその重さを実感します。

そのたびに自分の気持ちに寄り添い、まるで子供をあやすように「悲しいね。つらいね。」と語りかけました。

出る涙は惜しまずにどんどん流しました。

傷ついた自分と戦うのではなく、優しく接するようにしました。

夫には一生後悔していてほしいとか、浮気したくせに!なんて腹黒い部分もたくさん持っていましたから、

そんなものも捨てるようにしました。

自分が被害者でいることをやめにしたんです。

夫の浮気を理由に、SEXで悩んだり、日常で悩んだり、自分を否定するなんて!

私の人生もったいない!

そんな風に思うようになっていました。

a1130_000272

次回、どうやって乗り越えたのかをもう少し書きますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする