スポンサーリンク

夫との温度差

こんにちは。

エリです。

浮気が発覚して、夫は自分のしていたことの重大さに気づいたのか、

自分にとって家族の存在の大きさに気づいたのか、

離婚を恐れたのか、

反省したり、泣いたり、手紙(反省文?)を書いたりしていました。

それだけなら救われたのですが、

その一方で浮気相手との連絡が続いていたので、かえって私を苦しめていました。

信じていいのかわからず、本音もわからなかったため、

夫の持ち物や携帯をチェックするという行動をしていたんです。

「なんて嫌な女なんだ」と、自分が情けなくて。

私が夫の友人なら、奥さんにそんな行動させてなにやってるんだ!と一喝したいところです(T_T)

どんなに反省をしても信頼を取り戻すには時間がかかります。

浮気は生生しい。そのため、嫌悪感を感じます。自尊心も傷つけます。

自然に付き合えるようになるには時間が必要です。

そのことを理解していないと、夫婦の溝は深まるばかり。

浮気した側は、反省だけでなく傷つけた妻と向き合っていく覚悟が必要なんです。

自分が楽しんだ分以上に妻は傷つき悲しみます。

妻も早く楽になりたいと願っているし、やり直したいとも思っています。

だからと言って簡単にいかないのが感情というもの。

私自身、たびたび夫との温度差を感じてきました。

どうせ疑っているんだろ?なんて逆切れされたこともあります。

浮気した側はいつまでも自分が責められているように感じるでしょうね。

責めているのではないんです。

浮気された側は必死で戦っています。

この温度差を埋めるには、理解してもらうことが必要。

浮気問題からの回復に時間がかかるのは自然なことです。

いつまでもしつこい嫌な女ではありませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする