スポンサーリンク

事例6)妊娠中に夫の浮気が発覚。出産が不安です。

35歳主婦 子供2歳女の子 二人目妊娠中 結婚歴4年目 夫33歳会社員

現在妊娠中です。夫の浮気が発覚しました。

このまま夫の子供を出産して幸せになれるのか不安。

できれば家族4人で幸せになりたい。どうすればいいのかわかりません。


お二人目を妊娠中にご主人の浮気が発覚。浮気は妊娠前からだったそうです。

「二人目ができて夫も喜んでいるのだと思っていました。

でも今はなんのために夫の子供を妊娠し、出産をするのかわかりません」

これから家族が増えますます幸せになると信じていた矢先の出来事です。つらいですね。

ご主人は浮気相手と別れるとおっしゃっているとのこと。

離婚は考えていません。

この部分で意見が一致しているので、信じてやり直したいと決心をされました。

妊娠中は精神的に不安定になりがちです。

しかも、ご主人が自分以外の女性とも関係をもっていた、二股の状態で妊娠したことに不快感を感じていらっしゃいました。

もし、妊娠していなかったらご主人の意見は違っていたかもしれないと考えてしまうとの事です。

大切な身体です。まずは、ゆっくり深呼吸をしていただきました。

この先どんな生活をしたいのか?心の状態はどうなりたいのか?
を考えてもらいます。

・幸せになりたい
・精神的にいつも安定していたい
・不安をなくしたい
・家族みんな笑顔でいたい

彼女にとっての幸せは、

いつも精神が安定していて笑顔でいること。
会話の絶えない家族。
母として家族の中心にいること。
ご主人とは何でも相談し合えること。

などでした。

そのために、今抱えている不安をなくすことを最初のゴールにしました。

今ある不安を軽くするために取り入れたのは、キュアカラーブリージング(色の呼吸法)

ピンクと黄色。

黄色は不安を取り除く効果の他、リビングなどに取り入れる事で会話を増やす効果もあります。

ピンクは彼女が苦手な色です。
理由は
・甘えているぶりっ子な印象
・ひとりでは何もできない
・悩みがなく何も考えていない
・媚びている
・似合わない
・子供っぽい

彼女はどちらかというと、あまり甘えず自立した女性を理想としているようです。

ご主人と何でも相談し合えるためには、彼女自身が自分の心を開く事も大切です。

本当はご主人や家族、友人などに甘えたい、弱い部分も受け入れてもらいたいと思っていた事に気づかれました。

ピンクを取り入れる事で傷ついた心を癒し、弱い自分も全て受け入れ愛する事ができるように、
そして、ピンクで優しさを醸し出す事でご主人やお子さんがこれまで以上に声をかけやすくなり母として家族の中心になれる色でもあります。

ピンクは苦手な色なので、お花やエプロンなど取り入れやすい部分から取り入れていく事を提案しました。

 「先日はありがとうございました。 自分が夫に甘えたいと思っていた事に始めは戸惑いました。これまではどちらかというと家庭の事のほとんどは私が決めてきましたし、甘えるなんて恥ずかしいとも思っていました。
でも思い返してみると、私の事をわかってくれないといつも不満を抱え、そのせいで夫の事を頼りないとイライラしていました。
自分ひとりで勝手に思い込んでいたんですね。
夫は家族でやり直すことを選びました。その事を信じていこうと思います。
“急に心の傷が消えてなくなる事はないけど、少しずつ癒していきましょう。これまで以上に優しい女性になれますよ”という言葉がとても嬉しかったです。」

今はまだご主人の浮気の事実に落ち込む事もありますが、以前のように取り乱したりする事がなくなったとの事です。

出産を控え、これからの家族との生活を大変心待ちにされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする